HOME >> 賃貸物件Q&A >> 物件見学・契約のチェックポイント >> 冬の今がチャンス物件見学!

賃貸物件Q&A

物件見学・契約のチェックポイント

2009年1月10日

冬の今がチャンス物件見学!

冬ですねぇ? ねーこはコタツで丸くなる♪ってぐずぐずしていたいですよね?

でも寒い今だからこそちゃんと早起きして、午前中から活動してよい賃貸アパートを見つけてください!なんと言っても冬は太陽が高く上がらず、日当り的には最悪です!この一年で最悪な状態で部屋を見ておくと、ポカポカと暖かい部屋が見つかるはずです。

先ず小学校の理科の授業を思い出してください。南中高度ってありましたよね。太陽が真南に来たときの太陽の高さを地面からの角度であらわしたものですが、冬至と夏至では下の図のようにこんなに違うんです。

真南の建物の幅にもよりますが、南に幅広の2階建てがあったとすると、1Fのお部屋はそこに書いてあるくらい建物が離れてないと、直射日光が窓から入らないということです。(太陽の光ですから、反射光などでまったく部屋が真っ暗になることはありません。)

また部屋の断熱性能もこの季節が一番わかりやすいでしょう。賃貸の案内の時にスリッパを出されますよね。間取りや設備を一通り確認したら、スリッパを脱いで足の裏から伝わる床の冷たさなどを確認するのも良いでしょう。

手元にある理科年表(2002年度版)で見ると、前橋の冬の日の出で最も遅いのは6時56分、最も早い日の入りで16時28分です。有効な日当りや部屋の断熱性能を見るには、10時くらいにアクト到着でちょうど良いのではないでしょうか。

う?ん、今回は理系の理屈っぽさが出てしまいました・・・。

PAGE TOP