賃貸物件Q&A

まずは希望条件の整理から

2008年1月30日

希望の条件

不動産賃貸業をやっていると色々なお客様がお見えになり、希望の条件と一口に言っても人それぞれです。立地にはじまり家賃や部屋数、部屋の広さなど賃貸情報誌に載っているような基礎情報的な条件だけでなく、「ペットと暮らしたい」とか「デザイナーズマンションでハイセンスな暮らしがしたい」など生活スタイルにかだわって探している方が増えているようです。

基礎情報的な条件だけ聞いて、条件に合う部屋をいくつか紹介しても簡単に決まるものではありません。やはりお客様とのコミュニケーションを沢山とり、入居者の立場で捜さなければなりません。少子高齢化・晩婚化・離婚率の増加・ニートやフリーターなど、かつて○LDKでひとくくりに出来た生活スタイルが、いまや千差万別している現代社会において住まいを提供する側も柔軟に対応していかなければならないように思えます。

 ちょっと堅い話になりましたが、入居者様側も自分の希望条件を整理して、優先順位をつけ不動産屋さんにわがままに伝えてください。全ての条件がぴったりなんてことは難しいかもしれませんが、逆に話を沢山聞いてくれる不動産屋さんに出会えることが、いい部屋が見つかる近道だと思います。

PAGE TOP